【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編-

【起業に伴って必要なもの】 起業と経理

起業を考える際に、やはり経理、簿記の面で頭を痛めることが多いでしょう。経理関係はすべて税理士や会計事務所に任せればよい、と考える人もいるかもしれませんが、やはり自分の会社の経理面はきちんと把握していかなければいけませんし、初めのうちは経理もすべて自分で行わなければいけません。ある程度の経理の基本は押さえておくべきです。経理は、取引を記録するだけでなく、それにより、将来像を組み立てる意味もあります。

基本的な経理業務として、日々の経営活動の結果を帳簿に記録し、1年の終わりには、これらの記録を集計して、会社の儲けや財産の内容を決算書などにまとめます。まとめられた決算書をもとに税務申告も行うので、必ず行うべき業務です。事務機などを購入した際。また、商品が売れた際などの経理処理の仕方も前もって知っておく必要がありますし、経理に関する専門用語も学んでおくべきです。

まずは会計事務所などに経理の仕事を依頼し、経理のノウハウなどの指導も受けながら経理を任せるのも一つの方法ですが、これだと、会計事務所のほうの言いなりになってしまう恐れがあります。経理の経験があるスタッフを雇って経理を任せるのも良いかもしれませんが、人件費が多少はかかります。今は、経理専用のソフトもあるので、こうしたソフトを活用し、税理士にチェックしてもらう、という方法もあります。

ある程度経理に慣れて、経理、簿記、税務処理、すべて自分で行えるようになっても、税理士のサインが得られないため、申告内容の間違いなどを税務署に指摘された場合、いろいろと問題が生じる恐れもあります。それぞれにメリット、デメリットもあるので、事前に書籍などで、起業に際しての経理面での知識を得ておき、自分に合った経理処理の仕方を考えるようにすることです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編- All Rights Reserved.