【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編-

【様々な起業方法】 フランチャイズによる起業

起業の一つの形態として、よく知られているのがフランチャイズでしょう。フランチャイズは、「商号・商標などを使用する権利。および、商品、サービスなどを提供する権利、営業上のノウハウなど(これらを総称してフランチャイズパッケージと呼びます)を提供してもらい、これにより、提供者と同じイメージ(ブランド)で営業を行い、得た利益から対価(ロイヤルティー)を支払う約束による事業契約」と定義されています。

業態としてはコンビニエンスストアなどの小売業がおなじみですが、ラーメンやファストフードなどの外食産業のほか、不動産販売、自動車の整備、最近は小型のフィットネスクラブ、学習塾など、多岐にわたっています。フランチャイズのはじまりは、アメリカのケンタッキーフライドチキンですが、日本では、不二家のレストランおよび洋菓子販売のチェーンストアやダスキンの清掃用具のレンタルチェーンストア)、セブン-イレブンのコンビニエンスストア、モスバーガーの外食産業が有名です。

直営店舗と違うのは、直営の場合売り上げが直接本部に影響するので運営も本部の管理のもとで行われますが、フランチャイズは本部にとってリスクがほとんどないため、経営管理はフランチャイズ店舗のオーナーに委ねられ、サービス内容などもオーナーによって大きく左右される点でしょう。

フランチャイズで起業する場合、資金があまり必要なく開業できる点が一番のメリットでしょう。また、有名ブランド名を使用できるので、集客がしやすく、比較的安定した経営が見込める点もあります。一方で、管理運営はあくまでオーナーの手に委ねられるので、もしも本部によるマーケティング、立地条件、本部の経営に問題があっても、そのリスクを全て負わなければならず、経営に問題が生じても、本部からの支援は得られず、経営者の交代など、根本的な改善が難しいことがある、と言う点も知っておくべきでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編- All Rights Reserved.