【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編-

【様々な起業方法】 海外での起業

起業を考える際、海外での起業、と言う手段もあります。国によっては、観光客の誘致と同様、投資を歓迎するところもあります。国にもよりますが、たいていは、法人格取得の条件(資本金、手続きなど)が日本より緩く、起業しやすい場合が多いようです。現地のオフィス料金、人件費などのコストも、日本より安く済むケースが多いものです。

会社を作らなくても個人投資を認めている国はありますが、形式上、会社を作らないといけないケースが一般的で、会社を作ることで、個人の身分では取得できない滞在許可と就労許可が取得可能になります。また、外国人名義での土地購入ができない国でも、会社名義だと購入登記が可能となります。最低投資規定額や各種許認可など、国別・ケース別に規定が異なり、業種別に細かな規定が設定されている場合もあるので、事前によく調べなければいけません。

ハワイで仕事したい、と考える人も多いかもしれません。ハワイで働くには、グリーンカードや就労ビザ、または、海外の短大や大学を卒業すると発行されるOPT(12ヶ月間フルダイムで働ける)ビザなどが必要です。他には、アメリカの企業で研修を目的とした労働が許されるインターン(J-1)ビザなどがあります。ハワイで働いている日本人の職種としては、ネイルアーティスト、医療関係、すし職人等が結構多いそうです。

今は、海外で会社を設立するのに、代行会社も数多くあり、ネットでも多く見かけます。海外での起業には、代行会社を通した方が初めやすいかもしれませんが、中には詐欺まがいのところもあるようなので注意が要ります。いくつかの代行会社を比較検討してみるだけでも、海外での起業のノウハウが少しばかり勉強できるでしょう。実際に渡航してから起業するなら、現地の弁護士に依頼するのが最も安全なようです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編- All Rights Reserved.