【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編-

【様々な起業方法】 女性の起業

最近は女性をターゲットにした商品、ビジネスも増え、そういった市場では、当然女性の感性が重要となります。女性特有の感性、気遣いなどを活かし、女性で起業に成功する人も増えています。女性は、フリーランスや経営者になったほうが、日本においては有利とも言われます。日本はまだまだ男性社会なので、企業などでは男性の作ったルールのなかで仕事することになりますが、独立すると違う基準で仕事できますし、注目されるので、仕事も取りやすいことになります。アクセサリー、ファッションなどのネットショップを開いたり、エステティシャンの資格を取り、経験を積んだ後、自分でエステサロンを経営するなど、女性ならではの起業も様々です。

女性の社会進出が進むにつれ、女性、主婦で起業を考える人も増えていますが、自治体でも、企業の支援のための情報提供、相談、セミナーの開催などを行っているところが増えています。こうしたところでは、女性を対象にした様々な相談を行っているところもあります。母子家庭等の人は、参加費免除となる場合もあります。

また、子育て中の女性起業家のための助成金「子育て女性起業支援助成金」もあります。厚生労働省職業安定局雇用開発課雇用安定事業係が助成を行うものですが、12歳以下の子と同居していて、雇用保険被保険者であった期間が5年以上で、有効求人倍率が全国平均を下回る27道府県に居住している女性の起業家が対象となります。雇用保険の受給資格者(失業者)を対象とした「受給資格者創業支援助成金」と比べ、退職後数年のブランクがあった場合でも対象となる点が大きく異なります。

起業、証券会社主催による、女性の起業のためのセミナーも、全国で開催されています。起業という人生の大きな夢を持ち、アクティブに現代を生きる女性を応援する、女性起業家ビジネスプランコンテストというものもあります。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編- All Rights Reserved.