【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編-

【注目の起業方法】 週末起業とは

最近は、会社勤めをしながら、土・日の休日に自分で事業を行う、“週末起業”も流行っています。不況に伴い、会社勤めだけでは収入が不足するため、また、将来の本格的な独立へ向けての準備、などから週末起業を行う人が増えているみたいです。週末起業は、アルバイトと比べて効率よく収入を得ることが出来。うまくいくと毎月数十万円の現金収入を得ることも可能なことから、関心が高まっているのでしょう。

週末起業の形としては、ネットショップの運営がポピュラーですが、サイトを通して自分の趣味のコレクションを売ったり、経理などのスキルを活かして会社の経理業務を代行したり、サイトの構築を代行したりなど、自分の趣味・経験・スキルを活かした方法もあります。さらに、結婚式の司会のアルバイトをするうちに、自分で人材派遣の会社を設立した、と言う人もいます。アイデアと自分の経験・スキルを活かすことで、いろいろな可能性があるといえるでしょう。

週末起業を考える場合、時間が限られるので、まずは無理のない範囲で、目標の収入額を決めるべきでしょう。何年後に本業の収入を超える、何年後に独立開業する、など、具体的、かつ客観的な指標で表現された目標を設定することです。また、自分の興味ある分野ではじめるか、スキル・経験を活かせる仕事ではじめるかなど、自分に合った方法を選べば、入って行きやすいものです。

週末起業を行う場合、税金対策もきちんと行った方が良いでしょう。本業収入に付随する副業などの収入の場合、所得が年間20万円を超えれば、確定申告をして税金を払わなくてはいけません。週末起業でもある程度の収入を得ているなら、事業所得として申告する方法もあります。事業所得にすると勤務先からの給与所得と合算できるメリットがあります。収入と経費から課税所得を計算した上で税金を計算、税務署に申告します。詳しくは税理士などに相談すると良いでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【起業方法.com】 -独立・助成金・フランチャイズ編- All Rights Reserved.